FC2ブログ

【映画】銀座と続編と過疎と

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
バタリアン5』観ました。
公式HPはコチラ
原 題:『RETURN OF THE LIVING DEAD: RAVE TO THE GRAVE 』
製作国:アメリカ
製作年:2005年

キャッチコピー
伝説のバタリアン──タールマン──カムバック
Oh No! やつの復活でこの世から脳がなくなる!!


この宣伝文句からお察し下さい。
笑わせてもらいました。
バタリアン正統後継者としてはどーかなって気もしますが、
ゾンビ物としては好きですよ、私は。

以下感想ネタバレ有
まず言葉の意味から。

・Rave:レイブ
主に屋外で、テクノやハウスなどのダンス-ミュージックを大音量で流すイベント。
・rave-up
((英略式))らんちきパーティー
引用元プログレッシブ英和中辞典


らしいです。
舞台のメインとなるレイブパーティーもそんな感じ。
"プ"じゃなくて"ブ"ですのでよい子は気を付けましょう。

初日に行ったのですが何この過疎映画?って具合。
良い席確保できんと嫌だなあって思いながら時間ギリギリに行ったのですが、まったくもって余計な危惧。
少し悲しくなりました。

さて登場人物は前作4からそのまま、なんですが各キャラの行動が前回の死線を潜り抜けた猛者と同じとは到底思えません。
4と5は別個の、パラレル世界と考えて観ました。
いや本当ベッキーの扱いは我が目を疑いましたよ。
4での活躍っぷりはいずこに・・・・・・。

4ではバタリアン亜種メカタリアン(パンフにそう書いてある)の活躍がメインでしたが今回は正統派(?)。
「脳みそ?」と叫ぶは走るはで基本形態に戻ったと言えるでしょう。
小ネタが盛り込まれていて随所で笑えるのですが印象に強く残るシーンが無いのが残念。

肝心のタールマンですが、どうせ活躍せず退場だろ、もう騙されんぞって思っていたら思いの外激しい自己主張をして大活躍。
彼の行動は最後まで目が離せません。

4、5を合わせて72日間で撮ったってのが凄いですな。
逆にいえばその程度の期間で製作された品質って事なんで推して知るべし。

・総評
ゾンビ映画好きの私としては80点をつけます。
スポンサーサイト

タグ : 映画 感想 バタリアン ゾンビ

この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://yamadaitiroooch13.blog63.fc2.com/tb.php/43-b6330bfd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 | Copyright © ヤマダイチロオの戯言ネオ All rights reserved. | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。