FC2ブログ

【映画】AVP2 エイリアンズVS.プレデター関連情報

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
『AVP2 エイリアンVS.プレデター
観ました。
『AVP-R』ともいうし何て表記すればいいのやら。
作品詳細はコチラ(allcinema)コチラ(wikipedia)
原 題:『ALIENS VS. PREDATOR: REQUIEM』
製作国:アメリカ
製作年:2007年

で、イマイチ理解できん部分が多かったのでネットで軽く検索。
Wikipdeiaによると小説でしか描かれていない内容があるそうなのでそちらも購読。
案外置いてなかったので正月早々本屋を梯子しました。

AVP2 エイリアンズVSプレデター (竹書房文庫 DR) AVP2 エイリアンズVSプレデター (竹書房文庫 DR)
(2007/12/22)
山下 慧、シェーン・サラーノ 他

商品詳細を見る


以下色々ネタばれ含む自問自答風の考察。
自分なり情報を整理して納得したいという意味合いも込めて。
感想
オチのアレは…まあ、ああするしかないのかなと思います。
それも含めあんなもんじゃないですかね。
プレデターの新武器は好きです。
プレデターの行動は解説されないので何やってるか細かくは分からない部分が多かったのは残念。
かといって解説役の人間が同行できる状態でもないし、ううむ。
前作よりプレデターらしさが出ていたのは良し。

情報整理の俺ルールについて
まずスタンスとしては映画を主軸として、小説、パンフ、コミックから補完していきます。
優先度は映画>パンフ>小説>コミックとして映像や文字として明示的に表現されている情報を正としていこうと思います。
それ以外の部分は好意的解釈による推測や妄想です、悪しからず。
間違いを発見された方は、よろしければ指摘お願いします。
なお今回地球で大暴れしたプレデターの固有名詞は「ザ・クリーナー」です。
以下、クリーナーと表記していきます。

小説についての情報ですが、後書きによるとオリジナル脚本を翻訳しており、訳者は映画本編を未視聴との事。
映画は現場の判断でアドリブ入ってたりするから本と映画の内容が違ってても怒らないでね、ともとれる文が書いてありました。


映画本編について

Q,今作って前作からどのくらいあとの話?
A,船内の出来事は直後だが、
 小説によると宇宙船の超光速航行の影響で地球では数年経過しているはずだったとなっています。
 具体的な日数は明言されていません。

Q,エイリアンプレデターのシリーズ並べると今作はどのへん?
A,プレデター→プレデター2→AVP→AVP2
 小説によるとプレデター、プレデター2の事件も過去の事象として取り扱われています。
 この世界のままエイリアンシリーズに繋がるかどうかは不明。

Q,なんでエイリアンが寄生している事に気付かなかったの?
A,小説によるとスキャンから逃れたらしいです。
 それ以上の細かいフォローは無し……。

Q,墜落した船小さくない?
A,小説によると前作で槍を渡していたエルダー達が乗っていた大型の母船から別任務のため切り離されたハンター船です。
 母船は星に帰っていった模様。
 
Q,なんで切り離されたの?
A,小説によると次の成人式用儀式の場所を作るため。

Q,なんでプレデリアンはそっちに乗ってるの?
A,推測ですが、母船で大暴れするよりは安全、あるいは船が地球に向かうと本能的に悟ったのかもしれません。

Q,なんで墜落したの?
A,ハンター船のプレデターが ショルダー・キャノンを外したためです。
 小説によると船体はキャノン砲には耐えられないとのこと。

Q,なんで街の住民は墜落に気付かなかったの?
A,あっという間過ぎて近くに居た親子以外誰も気付かなかったのでしょう。
 墜落跡まで辿り着けばさすがに異変に気付いたとは思いますが……。

Q,なんで街の住民は爆発に気付かなかったの?
 小説によると証拠隠滅用のガントレット爆弾は墜落したハンター船にたまたま乗っていたクリーナーの血族の物です。
 その爆弾は掃除屋仕様で小さなブラックホールが発生し船のすべてを吸収し消失した事になってます。
 今までのシリーズのプレデターのような大爆発とは違う模様。
 その他に爆発範囲を設定できる機能があるのかもしれません。

Q,クリーナーはなんで一人で来たの?
A,1)エイリアンの数から一人で十分と判断した。
 2)掃除屋の種族が地球の近くに1人しかいなかった。
 3)プレデリアンに繁殖機能があると知らなかった。
 など色々考えられますが明言はされていません。

Q,クリーナー弱くない?
A,逆に考えるんだ、強いから最後まで生き残ったんだ、と。
 あの状況で任務を果たしつつ生き残るのはかなり優秀な部類だと思います。

Q,発電所のシーンでのクリーナーは特に弱くない?
A,小説によると電磁波、蒸気、熱等でセンサー、武器の性能がダウン。

Q,なんでクリーナーは死体を溶かさずに吊り下げているの?
A,小説によるとあれは粘液で固定されていたという事になっているので、プレデリアンの仕業と推測。
 仮に映画ではプレデターの仕業とするなら、
 1)うっかりいつもの癖が出た。
 2)エイリアンの痕跡から注意を引くため。
 3)人間に対する警告。
 など色々考えられますが明言はされていません。

Q,クリーナーの青い液体無くならないの?
A,沢山持っていると考えるのが妥当かと。
 別に1本しか持ち歩いていないともされていないので。

Q,あのハンドガン何?
A,小説によるとショルダーキャノンと地球人からの戦利品の銃(ミニUZIサブマシンガン)をくっつけた即席の武器です。
 なおコミック版『Aliens Vs. Predator Omnibus 1』だとレイザー・ディスクよりメジャーな飛び道具です。
【参考画像】
アメコミ版AVPオムニバス01_001

アメコミ版AVPオムニバス01_002

アメコミ版AVPオムニバス01_004


Q,あのレイザー・ディスクは何で戻ってこないで壁に刺さったの?
A,小説だと狭かったから…との事。

Q,プレデリアンがなんで生殖機能持ってんの?
A,小説だと蜂に例えられています。
 女王蜂を失ったコロニーで、一体の働き蜂があたらしい女王蜂に変異することがある、と。
 それに加え、プレデターの遺伝子が混ざった結果そのような事が可能になったようです。
 その他の参考資料になりそうな情報『社会性昆虫(Wikipedia)』。 

Q,プレデリアンから生まれたエイリアンが普通のエイリアンに見えるんだけど?
 小説によるとヌーヴェル・ウォリアー・エイリアンといって成長速度の早い新種となっています。
 なおプレデリアンになってないのは、
 1)1つの群れで王が複数できてしまう。
 2)人間の形質を受け継いだ。
 など色々考えられますが明言はされていません。

Q,主人公の兄貴頑張り過ぎじゃない?
A,世間でははぐれものでも軍隊では異常に力を発揮する人間がいるがそういう類の者だろう、と小説でケリーが感想を出してます。

Q.最後に出てきた「ユタニさん」って誰?
A.後にウェイランド社を買収することになる日系企業・湯谷社の社長。
 ちなみに、『エイリアン』でノストロモ号を派遣したのがウェイランド=ユタニ社。
 前作にウェイランドも出てきたのでエイリアンに繋げる為の土台は完成。

Q,大佐ってなにもの?
A,プレデターの存在を危惧している組織の幹部。
 プレデター2での名前はエージェントジョーンズ。
 プレデターの宇宙船落下を知ってそれ相応の装備をさせた州軍を送りました。

Q,前作の女は?
A,小説によると無事生還して、プレデターとエイリアンの存在を知らせたらしい。

Q,何でヘリコプターや兄貴は酸で溶けないの?
 大量の雨水で中和されてしまったのかもしれません。

Q,母親が機関銃乱射するシーンは?墓場のシーンは?
A,カットです。DVDの完全版を待ちましょう。

Q,予告の人数が減っていくカウントと実際の死んでいく人数が違うんだけど?
A,予告と本編が違うのはよくある事です。

Q,暗くて見づらい……。
A,仕様です。諦めて下さい。

Q,エイリアンとプレデターの地球での認知度は?
A,今作での米国はプレデター2に続いてプレデターの存在を認知しています。
 エイリアンは物的証拠がないせいか知らないようです。
 ただし太古からエイリアンとプレデターの戦いが行われていたであろう証拠は前作『AVP』以外にも世界中で発掘されている模様。


その他、背景情報について

Q,プレデターは集団で狩りを行わないの?
『エイリアンVS.プレデター』だと協力している描写はありませんが『エイリアンVS.プレデター 完全版』で「おまえこっち、俺こっちな」という分かれて行動しようというジェスチャーをとっています。
Aliens Vs. Predator Omnibus 1』だとプレデターは歴戦の勇者をリーダーにしたグループでの狩りを行ってます。

Q,プレデター残虐過ぎない?
A,それぞれに個性があります。
 女子供にも容赦ないのもいれば、サムラーイ、ブシドー的行動をとるのもいます。
 今回のクリーナーの行動規範は掃除屋の本分>狩り>>>>人間の手助け。
 と考える分にはさして不自然ではないかと。


【参考文献】
AVP2 エイリアンズVSプレデター (竹書房文庫 DR) (竹書房文庫 DR 204)AVP2 エイリアンズVSプレデター (竹書房文庫 DR)
(2007/12/22)
山下 慧、シェーン・サラーノ 他

商品詳細を見る


Aliens Vs. Predator Omnibus 1 (Aliens Vs. Predator Omnibus)Aliens Vs. Predator Omnibus 1
(2007/06/06)


商品詳細を見る


Aliens Vs. Predator Omnibus 2 (Aliens Vs Predator)Aliens Vs. Predator Omnibus 2
(2007/10/10)
Various

商品詳細を見る


エイリアンVS.プレデター 完全版エイリアンVS.プレデター 完全版
(2007/12/19)
ランス・ヘンリクセン、ラウル・ボヴァ 他

商品詳細を見る
スポンサーサイト

タグ : 映画 エイリアン VS プレデター

この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://yamadaitiroooch13.blog63.fc2.com/tb.php/56-9de2f7b0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 | Copyright © ヤマダイチロオの戯言ネオ All rights reserved. | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。